将来の自分と健康について

健康維持で明るい将来を手に入れる

最近つくづく思う事がある。それはとにかく毎日を健康で過ごす事。若い頃はお菓子が朝食がわりになったり、夜は居酒屋でたくさんお酒を飲んだり、食べ放題のお店で食べ過ぎたりと暴飲暴食を繰り返していた。親からは「そんな生活をしていると将来体を壊すからね!」とよく言われたものだ。タバコは吸わなかったので将来そんなに病気になるとは思ってもみなかった。ところが30歳をこえたあたりから腎臓の病気や胆石の手術等病院にお世話になる事が増え将来が少し心配になった。健康診断でも基準値外のデ−タがでるなど、肝臓も心配される。年のせいか気持ちもふさぎ気味でちょっと頭痛がしたり目がかすんでも何かの病気かも?と思うようになった。肩が凝ったり、足がしびれたり、昔祖母が「年をとるとあちこちガタがきて毎日病院通いで大変だわ。ホント健康が一番だでね。」と言っていた事を思い出した。最近は毎日の不摂生を反省しお酒をやめた。他にもメンタルケアの資格に挑戦し始めた。健康を維持し明るい将来を手に入れる為、体のメンテナンスに力を入れている。冷えからくると思われる体調不良の改善に食事療法を取り入れ、自宅で料理をするようになった。サプリメントでもいろいろな栄養やビタミンがとれるが、なるべく野菜から摂取しようと勉強も始めた。食事に気を使うようになったら毎日が楽しくなってきて、家の中にこもりがちだった生活が一変し好んで外出するようになった。最近は友達の誘いもあってテニスを始めた。適度にかく汗が心地よい。